//AdSense 崩れたり穴が開いた土壁を鏝(こて)を使って修理する(直す)

崩れたり穴が開いた土壁を直す

2階の解体がだいたい終わりました。

1階はカレー屋さんに、2階は居住エリアにする予定です。

まず、解体で崩れてしまったり、長い年月の間に痩せてしまった
土壁を補修していきます。

材料はこちら。
崩した土壁の土(白い袋に入ってます)、そして水。

なんと、崩した土壁の土、水を加えると何回も使えるらしい。
すごいぞ、土壁!

バケツに、土と水を入れてシャベルで、まぜまぜ…
出来ませんでした!
固い!全然混ぜれん!

なので板の上に移して、鍬(くわ)で混ぜました。

鏝(こて)を使って、穴が開いてるところや、
崩れてるところを埋めていきます。

だいたい2週間くらいで乾くらしい。

同じ土を使って埋めてるはずなんやけど
オレとなべちゃんとで、土壁の綺麗さが違いすぎる。

オレ → びゃびゃっと塗ってくので、早いが雑
なべ → 丁寧な作業

これから細かい作業は、なべちゃんに全部任せようと思いました(笑)

コメントの入力は終了しました。